2016年05月01日

昭和大学付属烏山病院

4月中頃が娘の仕事のピークでした。
春と秋、2回仕事のピークがあるようです。


秋は、転職してすぐでまだ仕事もそんなに覚えていなかったので2週間くらい大変だって電話がかかってきてました。
職場の人に、春はもっと大変だよ。こんなもんじゃないよと脅かされていました。 


春は行事やイベントなどが続きそれだけでも大変なうえに上記の仕事が加算されて毎日帰りも遅く大変そうでした。
おまけに、1月からの睡眠不足で「うつ」が始まっていたのでダブルパンチです。
でも、何が大変かって・・・・仕事が大変というより・・・・ミスが続くことが大変だったようです。
毎日、ミスが続く・・・
集計が終わって稟議を回した後に、集計が間違えてたというようなミスが続き
「大変申し訳ございませんが、修正が御座いますので・・・」とお偉いさんたちに連絡しなければいけないので自分の仕事の出来なさすぎにみんな気が付いている・・・もういやだ・・・もういやだ・・・

と毎日電話してきて嘆いています。



「うつ」の薬が切れているのに仕事が忙しすぎて、取りに行けないので私が代わりに取りに行きました。
娘の状況をお話ししたところ、ADHDの検査を先にした方がいいでしょう。
と、言われました。

「昭和大学付属烏山病院がいいんですが、予約を取るのはまず無理でしょう。この近くではこういうところがありますよ」
と、ひとつ病院を教えていただきました。
烏山病院じゃないほうの病院は、調べてみると大人はあまり見てくれなそうな病院でした。


==============
昭和大学付属烏山病院は、私もここはいい病院だと思っていました。
この病院には、発達障害外来とADHD外来があります。

基本的に大人のADHDを見てくれるところが少ないなか、この病院は専門的に診てくださるので全国から受診希望される方が予約の電話をしてくるそうです。

予約は、翌月の予約をその前月に電話で予約を取ります。
1か月分の予約が、2~3時間で埋まるそうです。

でも、しっかり診ていただくには、こういう専門のところがいいなと思っていました。
==============


私は4月の予約の日に、死に物狂いで予約を取る決心をしました。
ちょうど、私の仕事が休みだったし・・・・



予約開始時間は8:30から。

NTTの「只今、おかけになった電話は大変混みあって・・・」というアナウンスが流れても、電話をかけ続けてくださいと病院のホームページに書いています。
いえ電での書け直しは大変なので、iPhoneを使用しました。


秒針の着いた時計を準備し、iPhoneには烏山病院の番号を入力して、8:30になったら通話ボタンを押すだけにして、その時が来るのを待ちました。

少し前から通話ボタンを押した方がいいのかな?
番号を読み込む時間がかかるかも・・・・


そんなことを考えているうちに8:30。戦闘開始!!

もちろん、一発目からお話し中。
何度もかけました。
秋に娘にかけさせたところ、200回かけてもダメだったんだから無理だよと言われた言葉が頭をよぎります。
でも、もうこれ以上かけても完全にムダだなと思えるまでかけようと決めていました。


掛け始めて30分が過ぎたころ、お話し中の音だけだったのに、呼び出し音がなりました。
心臓バクバクです。

~~~【つながった~】~~~
夢のような気分でした。
娘が受診することを伝え、日にちを決め、連絡先として娘の電話番号を伝えて、念のため、私の電話番号を言おうと思ったら・・・・なんと・・・・電波が悪くなり・・・・

・・・・・・電・話・が・き・れ・た・・・・・・・

すぐに掛けなおしたが、案の定、お話し中コールだけがむなしく響き・・・
予約受付じゃない方に電話して事情を話したけれど、
「こちらでかけてもつながらないんです」の一言で撃沈・・・・


わずかな期待は娘の電話番号を伝えてあるから、病院からの折り返しの電話があるかどうか・・・
・・・ありませんでした・・・


電話が切れた後、3時間かけ続けましたが、二度とつながることはありませんでした。
1000回以上かけましたが無理でした。
最後は、NTTのアナウンスも入らなくなりつながらなくなります。


そして、病院から娘に電話が入ることもありませんでした。


折角、烏山病院に電話がつながったのに・・・・
ただ、ただ悲しい1日でした。



ランキングに参加しています♪♪
ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
 

at 22:35│Comments(0)病院 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字